You are currently viewing 1人1年分の米づくりワークショップ _2022年度_募集!

1人1年分の米づくりワークショップ _2022年度_募集!

無農薬で60kgの収穫目指す╲╲挑戦者募集❗️//

 

千葉県睦沢町【ふるさと納税】対象

週末だけの作業で米づくり体験

2022年5月1日(日)〜9月頃まで【ふるさと納税】にてお申し込み

岩井ファームでは、「米づくりを楽しみたい方」、「将来自給自足に挑戦してみたい方」を対象に、約50坪(165㎡)の田んぼで、日本人1人1年間の平均消費量と言われる約60㎏の収穫を目指し、田植えから草とり、稲刈り、脱穀、選別、籾摺りまで、無農薬・有機肥料かつ手作業による米づくりを体験していただきます。
収穫したお米全てをもらえます。
家族またはグループでの挑戦!お待ちしています!
【日程※】基本的に5月1日開始を予定していますが、参加者の都合に合わせて調整します。田植え以降の予定についても同様です。

主催:トランローグ有限会社
協力:一般社団法人 里山ソーシャルデザイン
お申し込みは

1人1年分の米づくりワークショップ
〜 週末だけの作業で米づくり体験!〜 F21G-018

2022_1人1年分米づくり_年間プログラム

●“1人1年分の米づくりワークショップ”を実施する田んぼの面積は、約50坪(165㎡)です。
●収穫した米は、美味しく食べていただくため、すべて玄米で持ち帰っていただきます。白米に精米するには、コイン精米機または家庭用精米機をご利用ください。
●藁、籾、糠は、次の年の肥料にするため、参加者より申し出がない限り、主催者が引き取ります。
●米の収穫量の目標は白米換算で約60kg。これは、日本人が1人当たり1年間に食べる平均的な米の量と言われています。白米60kgの収穫を保証するものではありません。
●収穫量は、雑草に地中の栄養分を奪われたり、虫害や獣害の発生、台風や干ばつ等により左右されます。
●途中でリタイア(棄権)された場合は、主催者側で作業を引き継ぎ、収穫する米も主催者側で引き取ります。途中リタイアされた時点で、米の所有権も放棄されたことになります。
●リタイアか、保留か、といった判断については、主催者が事前に示した各作業工程の期間中(上表)に、参加者が作業を行わなかった場合をリタイアと判断し、参加者に確認します。
●途中リタイアの場合、料金は払い戻しません。
●米は田植え以降、無農薬で有機肥料のみを使って栽培します。但し、地域で稲熱病(いもちびょう)などの病気が発生した場合、病気の伝染を防ぐため、消毒を行う場合があります。
●本ワークショップ実施に当たっては、現地集合とします。
●本ワークショップに参加いただく際には、各自必要に応じて食事や飲物をご持参いただきます。
●本ワークショップでは、リクリエーション保険(傷害保険)に加入しません。参加者各自が、けがに注意し、万一けがをした場合は、各自が自費で治療していただきます。
●本プログラムの日程については、天候などの影響で変更する場合があります。また、参加者と主催者の話し合いにより、変更できることとします。

トランローグ1人1年分米づくり
トランローグ1人1年分米づくり